マタニティー・ベビー

新生児の肌がカサカサしやすい原因は【 洗いすぎ 】が原因かも?

当ページ内の全リンクはクリックすると別タブで開くようになっています。
あとでもう一度見たい場合はリンクをクリックして別タブに開いておくことで、『他のサイトも見てたらさっきのページが見つからなくなった』を防ぐことができます。
当ページを別タブで開いておきたい場合はコチラをクリックしてください。
新生児の肌がカサカサしやすい原因は【 洗いすぎ 】が原因かも?

こんなお悩みを解決します

  • 新生児から使えるボディソープ(ベビーソープ)を探してる
  • 新生児の肌がカサカサの原因ってベビーソープも関係してる?
  • 界面活性剤が不使用のベビーソープはないのかな?

赤ちゃんの肌乾燥の原因は『洗いすぎ』

モコモコ泡の洗い過ぎに注意してください!

赤ちゃんの肌乾燥の原因は「洗いすぎ」にあります。

泡での洗浄が赤ちゃんの肌を乾燥させる3つの要因
  1. 強い洗浄力の界面活性剤
  2. 泡質の変化による肌への摩擦刺激
  3. さっぱり感を重視した洗い上がり

強い洗浄力の界面活性剤

使い心地重視のモコモコ泡には強い洗浄力の界面活性剤が配合されています。

必要以上の量が使われていることもあり、肌に大きな負担に。

強い洗浄力の界面活性剤

泡質の変化による肌への摩擦刺激

ポンプフォーマーからでてくるたっぷりの泡は、手で肌に伸ばすと弾力なく潰れてしまいます。

これでは肌への負担を減らすほどの役割を果たしてくれません。

泡質の変化による肌への摩擦刺激

さっぱり感を重視した洗い上がり

洗浄力の強さにより、泡が肌に必要なうるおいまでとりすぎてしまい、さっぱりしすぎたり肌がつっぱるような洗い上がりに・・・。

さっぱり感を重視した洗い上がり

大人の肌との3つの違い

赤ちゃんの肌は大人よりもずっと乾燥しやすいです。

特徴をしっかり理解しておきましょう。

  1. 皮膚の厚さは大人の約1/2
  2. 皮脂分泌量は大人の約1/3
  3. 大人の2倍~3倍も汗っかき

皮膚の厚さは大人の約1/2

赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の約1/2!

皮膚が薄くとてもデリケートで非常に刺激を受けやすい状態のため、強い刺激は避けなければなりません。

皮膚の厚さは大人の約1/2

皮脂分泌量は大人の約1/3

赤ちゃんの皮脂の分泌量は大人の約1/3!

生後3ヵ月を過ぎると赤ちゃんの肌の皮脂量はグンと減り、全身がカサカサに・・・。

皮脂が少ないと肌のバリア機能が十分に働かず、外からの刺激を受けやすい状態になってしまいます。

皮脂分泌量は大人の約1/3

大人の2倍~3倍も汗っかき

赤ちゃんは大人の2倍~3倍も汗っかき!

汗腺の数は大人と同じため、小さな体の赤ちゃんは汗腺の密度が高く汗っかき。

大人の皮膚表面は弱酸性、赤ちゃんの皮膚は中世に近く、ちょっとした変化で揺らぎやすい状態です。


こんな赤ちゃんの肌は、洗いすぎると想像以上に乾燥してしまうため、ベルタベビーソープで洗ってあげるのがおすすめです。

新生児から使えるミルクで洗う泡立てない全身洗浄料『ベルタベビーソープ』

ベルタベビーソープ

公式アンバサダー 前田敦子

オイルリッチなミルク処方で赤ちゃんの肌を【洗いすぎない】【乾燥させない】

ベルタのベビーソープで驚くほどスベスベなしっとり肌へ。

新生児のカサカサ肌におすすめ『ミルクで洗うから泡立てない』

モコモコ泡より刺激レスで肌をやさしく洗浄します。

モコモコ泡だと泡質の変化が肌への摩擦になり刺激を与えてしまいます。

ベルタベビーソープならミルクで洗うためするっと摩擦なく広がるから肌に優しいのです。

ミルクで洗うから泡立てない

界面活性剤は不使用

モコモコ泡に含まれる強い洗浄力の界面活性剤はうるおいまで奪ってしまいます。

ベルタベビーソープは「選択洗浄成分」でうるおいを守りながら汚れを落とします。

界面活性剤は不使用

オイルリッチで乾燥させない

肌を乾燥させないために必要なのは油分ですが、一般的にモコモコ泡の洗浄料は、水が大半を占め、油分が少ない処方となっています。

乾燥した肌にダイレクトに働きかける3種のボタニカルオイルを厳選。

3種のオイルとアミノ酸系セラミド類似体のうるおいバリア作用で乾燥をブロックします。

新生児を含む赤ちゃんのカサカサ肌にぜひベルタベビーソープがおすすめです。

当ページ内の全リンクはクリックすると別タブで開くようになっています。
あとでもう一度見たい場合はリンクをクリックして別タブに開いておくことで、『他のサイトも見てたらさっきのページが見つからなくなった』を防ぐことができます。
当ページを別タブで開いておきたい場合はコチラをクリックしてください。