動物・ペット

愛犬がダイエットしてもなかなか痩せない理由は【筋肉量が原因?】

当ページ内の全リンクはクリックすると別タブで開くようになっています。
あとでもう一度見たい場合はリンクをクリックして別タブに開いておくことで、『他のサイトも見てたらさっきのページが見つからなくなった』を防ぐことができます。
当ページを別タブで開いておきたい場合はコチラをクリックしてください。
愛犬がダイエットしてもなかなか痩せない理由は【筋肉量が原因】

この記事で解決できるお悩み

  • うちの犬、太ってるから痩せさせてって獣医師に言われた
  • ダイエット用ドッグフードって食いつきが悪いイメージが・・・
  • ドッグフードで減量ってできるの?

愛犬の難しいダイエットには毎日の食事でバランスを!

犬の健康的なダイエットには沢山の栄養が必要!

犬は、人間と同じで筋肉を維持したダイエットが重要になります。

そのためには、筋肉の元になるタンパク質や筋肉サポート成分が豊富でありながら、カロリーを抑えた食事が必要になります。

さらに体重の負荷がかかる関節にも配慮して、適切な栄養を与える必要があります。

手軽に続けられることがポイント

一般的なドッグフードや手作り食では、なかなかこれら全てを過不足なく補うのは難しいもの。

忙しい飼い主さんでも簡単にこれら全てを与え、健康的なダイエットをすることができる適切なフードを取り入れることが重要です。

愛犬がダイエットしても痩せないのはなぜ?

  • 人気の低カロリーダイエットフードを試した
  • お肉とお野菜を入れて毎日手作りした

愛犬のダイエットのためにいろいろと努力したけど、痩せないのは筋肉量が原因かもしれません。

実は、愛犬も人間と同じでダイエットするなら着目すべきは「筋肉量」です!

実際に84%の獣医師が【筋肉量を考慮すべき】と考えています。

※調査機関:ベッツ愛調べ n=100人の獣医師 調査期間:2020年12月21日~22日

必要なのは筋肉量

必要なのは筋肉量

筋肉の合成と維持をサポートすることが重要です。

摂取カロリーを減らすだけでは筋肉まで落ちてしまい、努力が無駄になることも。

健やかに理想を保つためには、筋肉を作り維持するサポート成分が必要です。

注目はタンパク質量とGI値

注目はタンパク質量とGI値

筋肉の素であるタンパク質の量が多く、また食後に糖質が吸収される度合いを示すGI値が低い原料を使用していると、効率的なダイエットを目指せます。

健康的なダイエットには関節にも着目

健康的なダイエットには関節にも着目

健康的なダイエットのためには、筋肉&関節の両面に着目する必要があります。

ダイエットが必要な愛犬は、日常生活のなかで必要以上の負荷を関節に与え続けています。

また、健康的な関節を維持するために、関節を支える筋肉も必要となります。

そのため、愛犬が無理なくダイエットをするには筋肉と関節の両面に着目しながら痩せさせないといけません。

筋肉サポート+関節サポート

そこでおすすめなのは、HMBCaやBCAAなどの筋肉サポート成分と、グルコサミンやコンドロイチンなどの関節サポート成分を同時に与えてあげることです。

筋肉・関節の両面から、健康的なダイエットを支えてあげて下さい。

わんこのヘルシー食卓

わんこのヘルシー食卓

これまでのポイントを全て満たしたダイエットフードが「わんこのヘルシー食卓」です。

100人の獣医師の意見を基に設計
  • 筋肉量に着目:HMBC&BCAA配合
  • 健康な関節を維持:グルコサミン/コンドロイチン
  • 低カロリー設計:約27.5%減(290kcal/100g)

毎日口にするものだから、少しでも良いものを。

ヘルシー志向のものは味がイマイチで食いつきが悪いなんてことも。

わんちゃんライフの「わんこのヘルシー食卓」は、栄養や気になる添加物がしっかりと考えられている上、わんちゃんの食いつきが素晴らしい!

ダイエット志向のわんちゃんはもちろん、ダイエットが必要ではないわんちゃんにも関節や筋肉の健康維持のサポートにおすすめです。

こんなわんちゃんにおすすめ

  • なかなか見た目に変化がなく諦めムードに
  • かかりつけに丸くなったねと言われた
  • 歩きにくそうな姿に胸が痛む
  • 散歩からすぐ帰りたがる
  • なで心地がムチムチしてる
当ページ内の全リンクはクリックすると別タブで開くようになっています。
あとでもう一度見たい場合はリンクをクリックして別タブに開いておくことで、『他のサイトも見てたらさっきのページが見つからなくなった』を防ぐことができます。
当ページを別タブで開いておきたい場合はコチラをクリックしてください。