動物・ペット

愛犬の摂取カロリー、気にしてあげてますか?愛のある食事管理を!

愛犬の摂取カロリーを抑える【低カロリーで美味しいドッグフード】
当ページ内の全リンクはクリックすると別タブで開くようになっています。
あとでもう一度見たい場合はリンクをクリックして別タブに開いておくことで、『他のサイトも見てたらさっきのページが見つからなくなった』を防ぐことができます。
当ページを別タブで開いておきたい場合はコチラをクリックしてください。

こんなお悩みを解決します

  • 愛犬の摂取カロリーを抑えたい
  • 低カロリー、無添加のドッグフードを探してる

愛犬の食事管理は重要です

人間も栄養を考えて食事管理をするように、愛犬だって食事管理をすることがとても重要です。

食事からの摂取カロリーが普段の生活での消費カロリーを上回ることが原因で食事の栄養過多になってしまうことが多いです。

そのため、オーナー様がきちんと愛犬の体調を見ながら、食事管理をすることがとても重要なんです。

愛犬の体重は増えてしまう原因
愛犬の体重は増えてしまう原因
  • 加齢による消費カロリーの低下
  • おやつや食事の与えすぎ
  • 避妊・去勢手術による必要低カロリーの低下

でも、大好きな食事を我慢させるのはかわいそうですよね。

こんな時助かるのが、しっかり食べながらケアができるペロリコドッグフード ライト

低カロリーで美味しいドッグフード「ペロリコドッグフード ライト」

愛犬の摂取カロリーを抑える【低カロリーで美味しいドッグフード】

今までありそうでなかった、

「美味しい」×「低カロリー」

のドッグフード【ペロリコドッグフード ライト】。

こんな方(愛犬)におすすめ

食事制限を進められたけど・・・

  • 病院で進められたフードが美味しくなさそう
  • 勧められた専用のフードは添加物がいっぱいで不安
  • ケア用フードに切り替えたいのに食いつきが悪くて食べてくれない

『この不安はいつまで続くの?』

あまり好みでないフードを嫌々食べている愛犬も、そんな愛犬を見守るオーナー様も、不安やストレスを感じることでしょう。

そんな不安に思いながら毎日を過ごしている方へおすすめなのが、摂取カロリーを抑えつつ美味しくケアができる「ペロリコドッグフード ライト」。

安心の超小粒

早食いしてしまう子に配慮した「クロス型の超小粒」を採用。

丸呑みをしているからごはんのたびにむせてしまう、早食いをするからフードが詰まって吐き出してしまう・・・

しかし、ペロリコドッグフード ライトなら丸呑みしにくいクロス型の粒になっているので、ゆっくり安心して食事の時間を楽しめます。

クロス型の超小粒

「美味しい」×「低カロリー」を実現するための4つのこだわり。

  1. 低カロリー&低脂質
  2. バランスが良い動物性タンパク
  3. 食物繊維たっぷりの野菜と厳選ハーブブレンド製法
  4. グレインフリー・香料・着色料不使用

低カロリー&低脂質

100gたったの326.9kcal&脂質8%

食べることが大好きな愛犬のために、量を極端に減らすことなくしっかり食べられるよう、摂取カロリーを極限まで抑制。

100gあたりのカロリーはたったの326.9kcal。

見た目の艶やかさに必要なオイルも、ココナッツオイルやオメガ3脂肪酸が含まれるサーモンオイルを配合することで、脂質を8%まで抑えることに成功。

バランスが良い動物性タンパク

チキン&ダック&白身魚の美味しさ

上質なタンパク源となるチキンとダックは愛犬の食欲をそそる美味しさです。

嗜好性が高いダックは実は低コレステロール。

さらに白身魚を配合することで、健康のために必要なタンパク質をバランス良く取り入れながらも低カロリー・低脂質を実現。

食物繊維たっぷりの野菜と厳選ハーブブレンド製法

30種類以上の野菜とハーブ

ペロリコドッグフード ライトで健康ケアを実感できる秘密はたっぷりの野菜とハーブの力。

食事管理をサポートするセージやショウガなど、30種類以上の野菜とハーブを配合し、ミネラルやビタミンもしっかり補えます。

心も満たされる、体に優しいドッグフードに仕上がりました。

グレインフリー・香料・着色料不使用

余計なものは一切使わない体に優しいレシピ

カロリーを抑えるため、お肉の量を減らす代わりに使用されやすい穀類。

しかし、本来肉食傾向の雑食であるワンちゃんは穀類の消化が苦手。

過剰に摂取してしまうと愛犬の体に負担をかけてしまいます。

ペロリコドッグフード ライトは良質なお肉と、たっぷり入った野菜の食物繊維で愛犬の健康をサポートします。

当ページ内の全リンクはクリックすると別タブで開くようになっています。
あとでもう一度見たい場合はリンクをクリックして別タブに開いておくことで、『他のサイトも見てたらさっきのページが見つからなくなった』を防ぐことができます。
当ページを別タブで開いておきたい場合はコチラをクリックしてください。